不動産の任意売却の話~不動産ローンが払えなくなったら

皆さんは住宅を購入したことがあるでしょうか?それでもし、不動産のローンが払えなくなると、どうなるのでしょうか?ここでは不動産の任意売却に関して、こういったケースについて考えてみることにしましょう。
もし半年くらいローンを滞納すると、その段階で通常は「債権」が銀行から信用保証会社(銀行の子会社)に移ります。
信用保証会社は親会社に代わってローンの取立てを引き継ぎます。
ですが債務者がローンを払えないから、この子会社に債権が移ったわけです。
ですから、ローンを返済してもらえるわけがありません。
この子会社がすること、それが裁判所への「競売の申し立て」です。
一連の不動産の任意売却の流れを知りたいならこちらからご覧ください。

マンション大規模修繕工事

滋賀 注文住宅

不動産 上尾

不動産 鴻巣

不動産 桶川

最新記事

  • ここでは不動産の任意売却に関して、もし住宅ローンが払えなくなったらどうなるのか、と言うことについて話 …

    詳細はコチラ!

  • ここでは不動産の任意売却について紹介しています。
    ですが前述の裁判所による「配当要求終期の公告 …

    詳細はコチラ!

  • 先日私が近所を歩いていたら、一軒のお宅をカメラを持ったスーツの男性が家の写真を中も外も撮影していまし …

    詳細はコチラ!